2016年12月30日金曜日

アメリカ大統領選の話その3

自分がどう思うかについて書いておきます。

■ 掛け金を上げたのは「自称弱い者の味方」だからしょうがない

賛成反対以前に、一部のエスタブリッシュ以外に不満がくすぶってる現実は変えようがないわけで、その不満を解消しようという気がない(だから「自称」弱い者の味方)ので、誰が選ばれようがしょうがないよねと。

ドラッカーの『「経済人」の終わり』も、ヒトラーが台頭したのは、大衆が無知だからではなく、大衆の絶望に対して、まともに向き合ってこなかったことを詳細に分析しています。さらには、次のように言っています。
プロパガンダの毒から守るためと称して大衆に自由と意志を認めないことは、ファシズム全体主義そのものである。
■ 80年前と異なるのは、問題に対する解決案を持っていること。

80年前は大衆の絶望に対する前向きな答えがなかった。だからファシズムが台頭したわけですが、当時と異なるのは、まだ十分に実施されていない解決案がたくさんあるからです。

  • 企業、NPOなどによるイノベーション
  • 自ら実行せず、監視、統治に限った「小さい政府」
  • ベーシック・インカムのような「シンプルな社会制度」
■ 「致命的なミス」をしない限り、アメリカは良くなる

致命的なミスというのは、例えば核戦争とかピーター・ティールと喧嘩別れとかそういうレベルですが、そういうレベルの判断ミスをしない限り、マイナスの影響もあると思いますが、全体的には良くなると見ています。

実際、アメリカの実業家たちは、この風を自分の味方につけようとしています。それができるのも、アメリカの実業家は、それだけ頭がよく、かつ自分だけのために動かないからです。日本だとこの方法がうまくいかないのは、トーキョーの姑息な起業家の餌になってしまうからです。日本はまた別の方法が必要。

2016年12月26日月曜日

アメリカ大統領選の話その2

普段は超情弱だけど、かなり気になる話なので、定期的に見てます(垂れ流しじゃなくて自分で検索して)

●未だにトランプ氏が勝った理由を理解できない、大衆の無知としてしか認識できないのは論外

いうまでもなく。「私は大衆の気持ちが理解できない人でなしです」と言っているようなもの。

●サンダース氏も見てみたかった

北欧型社会主義を目指しているというサンダース氏との一騎打ちなら争点が分かりやすく、面白かったかもしれない。

●ピーター・ティール氏が鍵

ほぼ日のピーター・ティール氏との対談が面白いんですが(その前に行われた方は見る価値なし)、ティール氏は「グローバリゼーション」と「テクノロジー」は対義語だと言っています。自称知識人は「反グローバリゼーション=閉鎖的」というレッテルを貼りますが、ティール氏のいうように「反グローバリゼーション=テクノロジー推進」になれるか、これが鍵だなと。

もちろん、トランプ氏がITのことに詳しくなくても、アメリカにとってシリコンバレーが最重要なのは理解してるはずなので、どちらかといえば、シリコンバレー側が「反グローバリゼーション=テクノロジー推進」を理解できるか、それが不安要素かもしれない。

2016年11月20日日曜日

アメリカ大統領選挙の話

時事問題には原則突っ込まないし、もちろんニュースは見てません(Wikipediaは見た)が、ちょっと書いておきたくなる話なので。

・トランプ氏当選は予想外だが、理由はすぐにピンときた。

予想外だったのは「日本と違うから」で、ピンときた理由は、「日本と大して変わらないと想像できた」から。アメリカ国内の状況は分からないけど、少なくとも、マスコミのネガキャンは逆効果だったんだろうなぁと。

個人的に「へー」と思ったのが、ピーター・ティール氏の支持。彼の著書を読んで、自分にしては珍しく、めっちゃ頭の強い人だなぁと思ったので、彼の動向が気になります。

・今後については「分からない」が、日本にとっては追い風となりうる

トランプ氏の言ってることって、めちゃくちゃなのもあるけど、「アメリカに悪いことをする奴らは許さん」という意味では一貫してるので、「まともな国」である日本にとってはうまくいけば追い風になりうるんじゃないかなぁと。

「まともでない国」の代表である中国の民主化とか要求してみてはどうでしょうか( ´ω`)

2015年12月30日水曜日

漢方について

最近いろんな漢方を試しているのですが、自分的にはこうだろうなぁというのを書いておきます。たぶん一番近いのがこれ。

タイトルだけ見ると乱暴なようですが、自分的には腑に落ちる記事です。ただこの記事もですが、タイトルだけで反応したり、極論を言う脳弱ネット民にかかるとめんどくさいことになりそうだなぁという感じがありますね(´Д` )

根拠に基づく医療(EBM)を元に大雑把なイメージを書くと、次のような感じです。

  • 現代医学: エビデンスレベル1〜3
  • 漢方: エビデンスレベル3〜5
エビデンスレベルだけだと現代医学の方が上なのは疑いがないのですが(というかエビデンスがないと発売できない)、このエビデンスレベルだけ強調する人がネットにいて、こりゃダメだなぁと思う次第。EBMのWikipediaにはそれは「誤解」だと書いてるんですが。

なんで漢方に注目しているのかというと、このEBM的視点で、次の2つがあるからです。

  • 副作用の少なさ
  • エビデンスレベルの高い治療法が存在しない病気
風邪薬が典型的な例で、総合感冒薬はそれなりに効くんですが、眠気が辛いです。葛根湯を買ったのも、「眠くなる成分は入ってません」というラベルに惹かれたから。で、実際飲んだら効いたし眠気もないのでこれいいじゃんと。

あと、そもそも確立した治療が存在しないケースもあります。風邪もまさにそうなんですが。逆に言えば、確立した治療が存在して、副作用もないならそれで十分なんですよね。

なので自分が漢方に求めてるのは、それなりの実績と、副作用の少なさと、手頃な価格くらいです。統計的な検証があると嬉しいなぁという程度。

2015年12月12日土曜日

松山ってどんなところか(本音ベース)

※この記事は書きなぐりなのでそのうち消します。需要が多そうなら?メインのブログに書きます。

なんかこんなの見付けました。
何となく面白そうなので自分のを書いてみる。

・経歴

現在ミク歳の元IBMer。愛媛→大阪→首都圏(済んだのは横浜市、大和市、墨田区)→実家で療養して松山で6年半くらい。内定取り消しで結果的にUターン(Jターン)した人。

・蛇口からポンジュース

それは空港だけ( ´ω`)
ポンジュースは普通に店に売ってるしたまに買う(最近は炭酸飲料のやつも)けど、「らくれん牛乳」の方がご当地飲料の気がする。

・みかんご飯

最近は給食で出るらしいが食ったことない(´Д` )

・タルトと言えば

洋菓子もそのままタルトというし、郷土菓子は「○○タルト」というから別に混乱しない(´Д` )

・治安は

実に平和なものですが、車の交通マナーが酷い。これだけは我慢ならん(´Д` )

・賃金どんなもん

うちは結構高い(東京基準で見ても見劣りしない)けど、たぶん特別。

・転職が困難では

転職するつもりもないし、たぶん同業他社は無理。万が一ダメになったら別の仕事を探すか作る(何かを教える仕事とか)。状況次第ではもうちょっと大きい都市に行くかもしれないけど、食えなくなることはないやろと思ってる。

・松山にないもの

ブログに書いたけど娯楽は少ない。あとは不自由しない程度はある。ロフトができたと思ったらこの前はハンズができたし、7-11もあるし、もう欲しいチェーン店がなくなった(´Д` )

・コミュニティ

独学派だから別に気にしてない。
飲む口実がないのがつまらんといえばつまらん程度(´Д` )

・生活費

家賃は激安(都市としては日本一とも)。今まで済んだところはこんな感じ(横浜市で住んだのは失敗なので除外、全部築年数10年以内)

  • 大和市: 55000円の軽量鉄骨アパート(25m^2)
  • 墨田区: 83000円のマンション(23m^2)
  • 松山市: 50000円のマンション(30m^2)
売ってるものは大して変わらないけど、激安系スーパーもあるし、時間があれば農協系スーパーで地元の野菜を買うという手もある。あとほとんど儲けを考えてないような店もある。

食べ物は基本的に美味しいけど、松山は「甘い味付け」の店があって、合わないことがある。特に唐揚げの甘いのは無理(´Д` )唐揚げならカリッジュが美味い( ´ω`)

・その他

通勤がチャリなのが非常に楽。鉄道網が整備されている都市の方が便利に見えるけれど、「電車に乗らないとどこにもいけない」ので結構不便だったりする。松山だと生活圏はだいたいチャリで行けるし、ちょっと頑張れば中心部から30分で道後温泉まで行ける。昼間はチャリで1kmくらい遠くの店に食いに行ったり、昼休みに自宅に帰ってサンドイッチ食いながらSplatoonしてたことも(ダメ人間)。

でも道後温泉はほとんど行かない。何でかというともっと近くに温泉あるから。「疲れたのでチャリで温泉行ってくるわ」と言える。温泉の横に老人ホームがあったりして「その手があったか」と思ったり。

気候が穏やか。「石鎚山に守られている」と言われているほど台風の影響がない。その分水不足が心配だと言われてるけど、自分が来てからは一度も水不足になってないので拍子抜け(´Д` )

人柄はかなり温和な方かと。自分が温和になっていったのが何よりの証拠(´Д` )「保守王国」だけど、守旧派的なイメージはなくて、「現実主義」かなぁと思う。「松山のここがめっちゃ好き」という人はあまり見ないけど、「何となく居心地がいいから好き」という人は多い感じ。

人付き合いは少なくてむしろ不満(?)なくらい。自分からするとかなり「個人主義」的な感じ。かといって殺伐してることもない。

・結論

自分は元々愛媛出身だからすんなり馴染めたけど、他の人は知らん。でも「刺激がない」のが良いと思えるのならいいんじゃないかなぁと思う。クリエイターとか確かに松山向きかもしれない。注目度が高いのも分かる。

2015年4月12日日曜日

人工知能研究者の判定フローチャート

文章で説明すると分かりにくいので、フローチャート化してみました。


2014年5月25日日曜日

「ネットの空気」が大嫌い

パソコン遠隔操作事件の話は一言もTweetしなかったんですが、finalventさんの記事読んで一応書いておこうと。
この事件について一言も言わなかったのは二つ理由があって、一つは冤罪だった場合、「自分が」この件について語ることなんて何もないこと。そして、もう一つは、冤罪とは思えなかったこと。

冤罪と思えなかったと言っても、有罪だと確信してた訳ではなくて、単に「わからない」というだけです。ただ、状況証拠はある程度あるんだろうなと思ってました。そうでないと裁判所が勾留許可ださないと思うので。

逆に、この前テレビで見た「別府3億円保険金殺人事件」のように、状況証拠だけでは有罪にするのは難しい。まあ、自白に頼らないとすると、状況証拠だけでの有罪が増えるだけだと思うんですけどね。それでいいのならいいけど。

まあとにかく、自分は「よく分からない」ため、この件については口を塞いでおきました。しかし、「よく分からない」ということ自体も言いませんでした。その理由は「ネットの空気」です。
私から見るネットの論調の多くは、警察・検察が悪であり被告を冤罪であるとした主張が多く見られたが、私の「悪魔の代弁者」は、「いや、彼が真犯人ではないのか?」と呟き続けていたからだ。
 ただ、それを言わなかったのは、私が「悪魔の代弁者」になると、私がネットでは悪魔にされて、私の魔女裁判のようになるのが怖かったせいもある。
 今のネットの空気では、「悪魔の代弁者」が悪魔とされて、魔女裁判のように吊し上げられるようなるからなあと、感じている。
まさに自分もそれを強く感じました。だから何も言えない。ネットには言論の自由は存在しません。

自分からすると、ネットほど空気を読まないと酷い目に遭う場所はありません。リアルだと何だかんだで逃げ道があります。会社で酷いことにあっていれば辞めるとか、労働問題なら役所に行く手もある。前の会社もいろいろと酷いことがありましたが、「言ったこと」自体を咎められたことは一度もありません。

さらに悪いことに、ネット民はネットに言論の自由がないという事実に全く気づいていません。その自覚がない以上、改善されるはずもなく、また何度でも同じ過ちを繰り返します。