2013年9月22日日曜日

後悔しないゲームの買い方

こんな話が。ジョジョASBの件。
引用しておいてなんですが、「ゲームとして」ジョジョASBの出来が悪いとは思えないんですよね。自分は持ってないんですが、キャラゲーとしては楽しめるという話もよく聞くので。ただ確実に言えるのは、「ユーザを騙した」こと。

一方で、自分は真逆です。ここ2年くらい、ゲームを買って後悔したことはほとんどないです。確かに楽しめなかったゲームや、出来がイマイチのゲームはありますが、少なくとも「金返せ」と思ったことは一度もありません。「ちょっと引っかかるゲーム」はありますが。

なぜここまで違いが出るのか、それは買い方が違うからなんですね。普通の人は「面白そうなゲームだから」買う人がほとんどです。それはレビューかもしれないし、雑誌記事かもしれない、動画かもしれないし、口コミかもしれない。

しかし、自分はそのような買い方をしてません。ではどのようにして買うソフトを選んでるのか。それはただ1つ、シンプルな理由です。

開発者と販売者が信用出来るかどうか
自分が買う基準はただこれ1つです。一応システムを調べることもありますが、まずはこれが第一。これだけは念入りに調べます。その基準だとCC2は論外です。バンナムは子供・ファミリー向けならまあ買ってもいいかなというレベルですが。太鼓なら買うかもしれない。

例えば、いくらゲームの出来が良くても、開発者がはちま産ならそのゲームに金を払ったことを後悔することは間違いないでしょう。一方で、開発者の熱意が感じられるゲームなら、それが自分に合わなくても、お金を払ったことに関して後悔することはありません。カンパみたいなものです。

まあそれが出来るのもある程度安定した収入がある大人だからだし、大人だからこそこういう買い方をすべきじゃないかと思います。