2014年5月25日日曜日

「ネットの空気」が大嫌い

パソコン遠隔操作事件の話は一言もTweetしなかったんですが、finalventさんの記事読んで一応書いておこうと。
この事件について一言も言わなかったのは二つ理由があって、一つは冤罪だった場合、「自分が」この件について語ることなんて何もないこと。そして、もう一つは、冤罪とは思えなかったこと。

冤罪と思えなかったと言っても、有罪だと確信してた訳ではなくて、単に「わからない」というだけです。ただ、状況証拠はある程度あるんだろうなと思ってました。そうでないと裁判所が勾留許可ださないと思うので。

逆に、この前テレビで見た「別府3億円保険金殺人事件」のように、状況証拠だけでは有罪にするのは難しい。まあ、自白に頼らないとすると、状況証拠だけでの有罪が増えるだけだと思うんですけどね。それでいいのならいいけど。

まあとにかく、自分は「よく分からない」ため、この件については口を塞いでおきました。しかし、「よく分からない」ということ自体も言いませんでした。その理由は「ネットの空気」です。
私から見るネットの論調の多くは、警察・検察が悪であり被告を冤罪であるとした主張が多く見られたが、私の「悪魔の代弁者」は、「いや、彼が真犯人ではないのか?」と呟き続けていたからだ。
 ただ、それを言わなかったのは、私が「悪魔の代弁者」になると、私がネットでは悪魔にされて、私の魔女裁判のようになるのが怖かったせいもある。
 今のネットの空気では、「悪魔の代弁者」が悪魔とされて、魔女裁判のように吊し上げられるようなるからなあと、感じている。
まさに自分もそれを強く感じました。だから何も言えない。ネットには言論の自由は存在しません。

自分からすると、ネットほど空気を読まないと酷い目に遭う場所はありません。リアルだと何だかんだで逃げ道があります。会社で酷いことにあっていれば辞めるとか、労働問題なら役所に行く手もある。前の会社もいろいろと酷いことがありましたが、「言ったこと」自体を咎められたことは一度もありません。

さらに悪いことに、ネット民はネットに言論の自由がないという事実に全く気づいていません。その自覚がない以上、改善されるはずもなく、また何度でも同じ過ちを繰り返します。