2016年12月30日金曜日

アメリカ大統領選の話その3

自分がどう思うかについて書いておきます。

■ 掛け金を上げたのは「自称弱い者の味方」だからしょうがない

賛成反対以前に、一部のエスタブリッシュ以外に不満がくすぶってる現実は変えようがないわけで、その不満を解消しようという気がない(だから「自称」弱い者の味方)ので、誰が選ばれようがしょうがないよねと。

ドラッカーの『「経済人」の終わり』も、ヒトラーが台頭したのは、大衆が無知だからではなく、大衆の絶望に対して、まともに向き合ってこなかったことを詳細に分析しています。さらには、次のように言っています。
プロパガンダの毒から守るためと称して大衆に自由と意志を認めないことは、ファシズム全体主義そのものである。
■ 80年前と異なるのは、問題に対する解決案を持っていること。

80年前は大衆の絶望に対する前向きな答えがなかった。だからファシズムが台頭したわけですが、当時と異なるのは、まだ十分に実施されていない解決案がたくさんあるからです。

  • 企業、NPOなどによるイノベーション
  • 自ら実行せず、監視、統治に限った「小さい政府」
  • ベーシック・インカムのような「シンプルな社会制度」
■ 「致命的なミス」をしない限り、アメリカは良くなる

致命的なミスというのは、例えば核戦争とかピーター・ティールと喧嘩別れとかそういうレベルですが、そういうレベルの判断ミスをしない限り、マイナスの影響もあると思いますが、全体的には良くなると見ています。

実際、アメリカの実業家たちは、この風を自分の味方につけようとしています。それができるのも、アメリカの実業家は、それだけ頭がよく、かつ自分だけのために動かないからです。日本だとこの方法がうまくいかないのは、トーキョーの姑息な起業家の餌になってしまうからです。日本はまた別の方法が必要。

2016年12月26日月曜日

アメリカ大統領選の話その2

普段は超情弱だけど、かなり気になる話なので、定期的に見てます(垂れ流しじゃなくて自分で検索して)

●未だにトランプ氏が勝った理由を理解できない、大衆の無知としてしか認識できないのは論外

いうまでもなく。「私は大衆の気持ちが理解できない人でなしです」と言っているようなもの。

●サンダース氏も見てみたかった

北欧型社会主義を目指しているというサンダース氏との一騎打ちなら争点が分かりやすく、面白かったかもしれない。

●ピーター・ティール氏が鍵

ほぼ日のピーター・ティール氏との対談が面白いんですが(その前に行われた方は見る価値なし)、ティール氏は「グローバリゼーション」と「テクノロジー」は対義語だと言っています。自称知識人は「反グローバリゼーション=閉鎖的」というレッテルを貼りますが、ティール氏のいうように「反グローバリゼーション=テクノロジー推進」になれるか、これが鍵だなと。

もちろん、トランプ氏がITのことに詳しくなくても、アメリカにとってシリコンバレーが最重要なのは理解してるはずなので、どちらかといえば、シリコンバレー側が「反グローバリゼーション=テクノロジー推進」を理解できるか、それが不安要素かもしれない。

2016年11月20日日曜日

アメリカ大統領選挙の話

時事問題には原則突っ込まないし、もちろんニュースは見てません(Wikipediaは見た)が、ちょっと書いておきたくなる話なので。

・トランプ氏当選は予想外だが、理由はすぐにピンときた。

予想外だったのは「日本と違うから」で、ピンときた理由は、「日本と大して変わらないと想像できた」から。アメリカ国内の状況は分からないけど、少なくとも、マスコミのネガキャンは逆効果だったんだろうなぁと。

個人的に「へー」と思ったのが、ピーター・ティール氏の支持。彼の著書を読んで、自分にしては珍しく、めっちゃ頭の強い人だなぁと思ったので、彼の動向が気になります。

・今後については「分からない」が、日本にとっては追い風となりうる

トランプ氏の言ってることって、めちゃくちゃなのもあるけど、「アメリカに悪いことをする奴らは許さん」という意味では一貫してるので、「まともな国」である日本にとってはうまくいけば追い風になりうるんじゃないかなぁと。

「まともでない国」の代表である中国の民主化とか要求してみてはどうでしょうか( ´ω`)